カラーコンタクト

カラーコンタクトレンズについて


近年カラーコンタクトレンズを使用する方が増えています。
レンズは、色が付いている分透明なレンズよりも酸素を通しにくくなっていますし、着色料が直接眼に触れると眼障害の原因にもなります。

眼科を受診せずにネットや量販店で簡単に購入するのは危険を伴っているといえます。
そして度数の入っていないカラーコンタクトレンズも、心臓ペースメーカー等と同じ高度管理医療機器です。
扱いを間違えば重篤な障害に至る危険性があります。

このような使用方法はやめましょう
  • 眼科に行かずネットや量販店で購入
  • 痛みや違和感があっても使い続ける
  • 決められた期限を過ぎて使用する
  • 誤ったケア方法をする


カラーコンタクトレンズの品質は大丈夫?


カラーコンタクトレンズにはレンズの品質が問題で、眼障害を起こしやすいものがあると国民生活センターから発表されました。

◇ 酸素透過性の悪いレンズが使われている
◇ レンズケアによる色落ちがある
◇ レンズの最表面に着色があるため、表面に凹凸がある
◇ ベースカーブや直径が表示値から大きく外れているものがある

など指摘されました。

コンタクトレンズのことを理解しないまま使用したり、適当に度を選んで購入したりするのは危険です。
目は空気中、涙から酸素を取り込み呼吸しています。

しかし酸素をあまり通さないレンズを長時間・長期間使用し、使用方法を間違ってしまうと、様々な眼障害を引き起こす恐れがあります。今大丈夫でも、症状は急に出てきます。

コンタクトレンズによる主な眼障害


点状表層角膜炎 角膜に点状の傷が付く疾患。無症状の場合もありますが、傷が多いと痛みや視力低下が見られます。
巨大乳頭結膜炎 コンタクトレンズに付着した汚れによって、瞼の裏側にブツブツが出来る疾患。
かゆみやレンズのずれ、異物感などが見られます。
角膜新生血管 角膜に血管が伸びてくる疾患。酸素不足が原因です。
角膜潰瘍 レンズの装用時間が長い、付けたまま寝る、汚れの付着などが原因で細菌感染を起こします。
痛みや充血、視力低下が見られ、重篤な場合は失明に至る可能性もあります。

眼に入れるものをファッション感覚で使用することは危険なことです。
思わぬ障害を起こさないため、健康な目を保つためにも必ず眼科を受診しましょう。



診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131