遠近両用コンタクト

遠近両用コンタクトとは


遠近両用コンタクトレンズは数年前から販売され、2週間交換タイプや1日使い捨てタイプがあります。

仕組みと構造


遠近両用コンタクトレンズには、構造などで大きく分けて2つに分けられます。

セグメント型・二重焦点(ハードレンズ)



それぞれ度数が分かれているので視線の移動により見る位置を変化させて、遠くと近くにピントを合うようにしています。主にハードレンズに使用されています。


同心円型・累進多焦点(ハードレンズ・ソフトレンズ)



人は近くの物と遠くの物を同時に映像として脳でとらえていますが、見たいと思う方を選択して見ています。

例えば、網戸越しに遠くの景色見た場合、脳はどちらも映像としてとらえますが遠くの景色を選択して見る為、近くの網戸は気にならなくなります。
逆に、網戸に注意して見ると、遠くの景色はぼやけて見え方に慣れてきます。
脳が無意識に「見たい」と思うものだけを選択し、それぞれにピントを合わせている事になります。
メーカーによってレンズのデザインも違います。遠くが比較的見やすい物や近くが見やすい物もあります。
また、老眼の部分の度数はその人に合わせて選ぶ事ができます。



長所・短所


長所
  • 手元が楽に見える。
  • 同心円型や累進多焦点では遠近両用メガネのような境目がない為、歪みを感じなくて違和感がない。
  • メガネのような使い分けをする手間が省け、見たい所の多くをカバーできる。
  • 室内での生活がメインで、近く〜中間距離をよく見る方にオススメ。

短所
  • 1枚のレンズに遠くと近くの度数が入っている為、遠方・近方ともに100%満足した見え方になりにくい。
    その為、必要に応じてレンズの上から遠く用もしくは近く用のメガネが必要になる場合がある。
  • ソフトレンズには乱視用がない為、乱視が強い方には向いていない。


合わせ方


必ずしも左右同じ物を使う必要はありません。

左右別のメーカーにしてみたり、老眼の部分の度数を左右別々で使ってみたりできます。
また、利き目を遠くに合わせ、もう片方の目は近くに合わせた“モノビジョン法”もあります。

遠近両用コンタクトレンズは「どこに重点を置いて見るか」によってレンズを選ぶポイントが変わってきます。
ご自分のライフスタイルに合わせて 遠近両用コンタクトレンズを試されてはいかがでしょうか。


診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131