コンタクトレンズ

コンタクトレンズについて


コンタクトレンズを快適に使うためには、目に適切なレンズを選び正しい扱いをしなくてはいけません。
コンタクトレンズは心臓ペースメーカーや人工呼吸器と同じ高度管理医療機器です。
ですから、間違った使い方や眼に合っていないレンズを使用すると目に障害が出てしまいますので、必ず眼科専門医の処方が必要です。

コンタクトレンズと眼鏡の違い
フレームがないことで広い視野が得られることや、眼鏡よりも矯正力に優れ、強度の近視や乱視でも調整できることなどがあります。
しかし目から離して使う眼鏡は、汚れていても目に影響を与えませんが、コンタクトレンズは目に直接つけるため使い方によっては障害が出る危険性があり、ひどい時は失明の可能性もあります。

コンタクトレンズの酸素と涙の関係
目の表面にある角膜は、透明さを保つために血管がありません。
ですから角膜は涙を通して空気中の酸素を取り入れています。
つまり、目も呼吸していて、酸素と涙は必要不可欠なのです。
しかしコンタクトレンズは目の上に乗っているため、遮られて涙が流れにくくなり、通常よりも酸素不足になりやすい状態になります。裸眼より非常にデリケートになっています。

角膜内皮細胞とは?


この細胞は、角膜を透明に保つ重要な役割を持っています。
加齢や病気、手術などによっても減りますが、コンタクトレンズの使用による酸素不足によっても減ってしまいます。 もし一定の数以下になってしまうと、感染症にかかりやすくなったり、白内障の手術が受けられなくなることもあります。

更に減少すると、角膜が濁ってしまい、急激に視力が低下し失明に近い状態になることもあります。
そして大事なことは、この細胞は再生能力がなく、しかも細胞の減少があっても初期では自覚症状がありません。ですから、長期間コンタクトレンズを使っている場合は、定期的に検査を受けて、細胞の状態を見てもらうことが大切です。




なぜ定期検診が必要か


毎日使うコンタクトレンズは、きちんとケアをしていても汚れや傷がついてきます。
例え自覚症状がなくても、アレルギー性結膜炎や角膜の傷・細胞の減少など異常が起きていることもあります。
又、病気はないか、度数が合っているか、ケア方法が正しいかの確認も行うのが定期検査です。

新井眼科クリニックでの取り組み


当院ではお一人ずつ管理手帳をお渡しして、定期検査の際に角膜内皮細胞の写真を毎回撮り、細胞の数が減っていないか・細胞の大きさも変わってないかどうか確認しています。
その他にコンタクトレンズでの視力や目の状態も問題ないか確認しています。



診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131