網膜剥離

網膜剥離とは


網膜剥離とは、網膜に穴が生じ、そこの裂け目から液化した硝子体が網膜下に入り込むために網膜が剥がれてしまう病気です。
剥離した網膜には栄養が十分に行き渡らなくなるので、長く続くと物を見る機能がなくなってしまいます。そのため手術が必要となります。

症状

  • 飛蚊症
  • 光視症(ピカピカと光って見える)
  • 視野欠損(上の方が見えない、下半分が暗い、など)
  • 視力低下

原因


加齢による硝子体の変化
40歳を過ぎると加齢に伴い、少しずつ硝子体が収縮していきます。
その際に網膜を引っ張ってしまうことがあります。この力によって網膜に穴が開いてしまいます。
ですから、好発年齢は50歳代に多いと言われています。

打撲
目をぶつける等強い力が加わってしまったために網膜が剥がれてしまう場合があります。

強度近視
近視の度が強い人は眼球の長さが長く、網膜も薄く引き伸ばされた状態です。
このため網膜に裂け目(網膜裂孔)が出来ることがあります。

網膜剥離の治療


レーザー治療
網膜に穴が開いただけの段階(網膜裂孔)では、網膜へレーザー光を照射し、剥離するのを食い止める治療をします。外来で治療出来ます。

手術治療
穴が生じ更に進行して網膜剥離になった場合は入院しての手術となります。
穴の形や位置、大きさなどから手術の難易度が変わってきます。治癒率は9割以上です。
早めに手術を受けると視力の回復は期待できますが、長い期間視力障害が続いてからの手術では、視力の回復が難しいこともあります。
少しでも症状を自覚した場合は早めに眼科を受診することが大切です。


診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131