網膜静脈閉塞

網膜静脈閉塞とは


網膜の静脈が詰まって出血してしまう病気で、詰まる部位により『網膜中心静脈閉塞症』と『網膜静脈分枝閉塞症』に分かれます。
50歳以上の年配の方に多く、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの方では発症頻度が高くなります。

@ 網膜中心静脈閉塞症
視神経乳頭の根元の中心静脈が詰まるため、影響は網膜全体に広がります。
網膜全体に出血や浮腫が広がり、視力が強く障害されます。

A 網膜静脈分枝閉塞症
網膜中心静脈が枝分かれした先の動脈と静脈の交叉部で静脈が詰まり、血流が途絶えることにより出血が生じます。症状は、浮腫による歪み・出血による視野障害と視力障害があります。
視力への影響は重度のものから全く気付かないものなど、出血した部位により症状は様々です。

網膜静脈閉塞症の治療方法


内服
閉塞した血管に血流を再開させる為に、血栓を溶解する薬や網膜の循環を改善させる薬を内服します。

レーザー治療
網膜の血流が途絶えると、障害部位に酸素を送るために新生血管が生じてきます。
この新生血管はとても脆く、硝子体腔へ出血してしまうと急激な視力低下を起こしてしまいます。
従って、新生血管が生じる前にレーザー治療が必要となります。

硝子体手術
硝子体内へ出血が及ぶと視力障害が強くなります。
硝子体出血は自然に吸収することもありますが、吸収には時間がかかります。
その為、硝子体手術により出血を取り除きます。

薬物注射
出血により網膜黄斑浮腫が生じるため視力の低下が起こります。
この黄斑浮腫を改善させるために、薬物の硝子体注射を行います。



診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131