糖尿病網膜症

糖尿病網膜症  日本での中途失明原因第2位!


糖尿病患者は予備軍を含め、2000万人近くになると言われています。
糖尿病になってすぐは目にも変化は出てきませんが、数年から10年位たつと目の網膜に出血などの異常が出てきます。
最初のうちは自覚症状が全くありません。
自覚症状が出てからでは手遅れになる事がよくありますので、糖尿病と診断されたら自覚症状がなくても定期的に目の検査(眼底検査)を受ける事が大切です。




前増殖型糖尿病網膜症(蛍光眼底造影)

前増殖型糖尿病網膜症

増殖型糖尿病網膜症

増殖型糖尿病網膜症



分類・・・進行によって3つに分類されます。


@ 単純型糖尿病網膜症
網膜に小さな出血や白斑が生じてきます。この段階では視力への影響はなく血糖のコントロールで出血が消えることもあります。
まだ治療は必要ありませんが、年に数回定期検査を受ける事が大切です。

A 前増殖型糖尿病網膜症
出血・白斑も増え、網膜の小さな血管が拡張したり異常な形を示す事があります。
この段階になると視力への影響が出る事もありますが、依然として自覚症状が出ないこともあります。
レーザーでの治療が必要になり、治療時期を逸すると増殖型へ進行する可能性が高くなります。

B 増殖型糖尿病網膜症
網膜に新生血管と言うもろい血管が生じてきます。
この為、網膜剥離を引き起こしたり、眼の中に大量の出血(硝子体出血)を起こしたりして、急激な視力障害が現れます。
この時期に視力低下を訴えて受診する方がいますが、この時期では手遅れになる事もあります。
この段階で来られた場合には、急いで治療を行いますが、病気の勢いを止める事が出来ず、失明してしまうこともあります。


糖尿病網膜症の治療方法


レーザー治療
毛細血管の閉塞が起こり始めたら、治療時期を考えなければいけません。
毛細血管の閉塞が広範囲になると新生血管が生じてきてしまいます。
新生血管が生じる前(前増殖型の時期)に、レーザー治療を行うのがよいと言われています。
この治療を行う時期が遅くなるとなかなか止める事ができません。

手術治療
網膜剥離や硝子体出血になってしまった場合には手術が必要になります。
ただ、この手術によって必ず視力が改善するわけではなく、あくまでもそのままでは失明になってしまうので、それを食い止めるものだと思ってください。手術にならないよう、定期的に目の検査を受ける事が大切なのです。

薬物注射
@ テノン下注射(ケナコルト)

A 眼球内注射(ルセンティス)  
網膜や黄斑を傷つけることなく網膜の腫れ(浮腫)を抑えます。
26年2月より新たに『ルセンティス』が、糖尿病による黄斑浮腫にも適応になりました。
視力の改善・維持が期待される薬剤で、効果はテノン下注射よりもありますが、薬価が高いため自己負担金額も高くなりますので、患者様によっては高額医療費制度を利用することもあります。

1割負担 約13,000円
2割負担 約13,000円
3割負担 約58,000円



早期発見するために


自覚症状が出てからでは遅すぎますので、内科にも定期的に受診する様に、眼科でも必ず定期検査を受ける事が大切です。
内科的な血糖のコントロールは大切ですが、コントロールが良くても出血する事もありますので、血糖値だけで判断せず内科と眼科で連携して治療していくことが大事です。


診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131