円錐角膜

円錐角膜とは


角膜の強度が弱いため中央部付近が薄くなり、円錐状に突出してくる進行性の病気です。
10〜20代の男性に多く発症し、多くは30歳前後で進行が止まりますが、若くして発症した人ほど進行が早い傾向にあります。

原因


はっきりした原因は分かっていませんが、アトピー性疾患との関係が深いと言われています。

円錐角膜の治療


今までの治療

初期 普通の乱視と同様に、眼鏡やソフトコンタクトレンズで視力矯正可能です。
中期 ハードコンタクトレンズ以外での視力矯正が難しくなってきます。
進行していくと痛くてハードコンタクトレンズを装用できなくなったり、コンタクトレンズが外れやすくなります。
異物感でハードコンタクトレンズの装用が困難な場合は、ソフトコンタクトレンズを装用した上から更にハードコンタクトレンズを装用する『ピギーバック』という方法もあります。

上記の方法で十分な視力が得られない場合は角膜移植を行いますが、拒絶反応や続発緑内障などの合併症を生じる場合もあります。
新しい治療法

角膜移植を回避する目的で円錐角膜の『進行を抑制』する治療が確立されてきています。

角膜クロスリンキング 角膜にビタミンB(リボフラビン)を点眼しながら、紫外線Aを照射する事により角膜の強度をあげ、円錐角膜の進行を抑えます。
角膜内リング(ICRS) 角膜の形状を矯正するために、角膜実質内に輪状の薄片を挿入します。
角膜周辺部に作成したトンネルに半円弧状の2枚のプラスチック製リングを挿入することにより、角膜を外側へ押し出す形になり、円錐状になった角膜を平坦化させることで、近視・乱視を軽減させます。
手術後3〜6か月かけて徐々に変化・安定していきます。
リング挿入後は乱視が減る為、コンタクトレンズや眼鏡での矯正が可能になります。


診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131