VDT症候群

VDT症候群とは


現代において小型ゲーム機やスマートフォンの普及、仕事におけるパソコンワークの比重が高まり、健康障害への影響が懸念されてきています。
パソコン・ゲーム・スマートフォンなどディスプレイを長時間見続けることで“目”“身体”“心”に支障をきたす病気のことを“VDT症候群“と言います。

※VDT=ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル(コンピュータの表示機器)の略

症状


眼精疲労(疲れる・痛む・かすむ)・乾く・充血・物がぼやける・視力が落ちる・まぶたの痙攣

身体
肩がこる・首から肩、腕が痛む・腰痛・頭痛・だるい・背中や手指がしびれる

イライラする・抑うつ状態・不眠・倦怠感

原因


長時間のデスクワークによる拘束姿勢が長くなることや、画面の液晶モニターに使われているブルーライトなどが直接的な原因と考えられています。
また斜視などの眼位ずれがある場合もVDT症候群を引き起こす1つの要因でもあります。

VDTとドライアイ


今やオフィスワーカーの3人に1人がドライアイと診断されています。
VDT作業をした際の眼精疲労はもしかするとドライアイの可能性があります。
VDT症候群は作業環境の改善を図り休息をとることが1番の治療法とされていますが、なかなか症状が改善されない場合は1度眼科で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

VDT症候群の治療


作業環境の改善と適切な休息
基本的には作業環境の改善をはかり、適切な休息をとることが1番の治療法です。
しかし、症状がひどい場合には薬物療法(目薬・内服薬)や作業の休業が必要になることもあります。

予防策


@ 適度な休憩(1時間に10〜15分)
長時間のVDT作業の合間に適度な休憩を挟むことが大切です。(1時間に10〜15分)
また、目の調節機能もVDT作業により緊張しているので休憩の合間に遠くの景色をみたり、適度に身体を動かして目や体の緊張をほぐしてあげると良いでしょう。

A 度のあった眼鏡とコンタクト
メガネやコンタクトレンズは度のあったもの使用しましょう。
しかし、あまり度が強すぎるとVDT症候群を引き起こす要因にもなるので注意しましょう。

B 照明
室内はできるだけ照明に差がないようにし、ディスプレイもあまり反射させないようにしましょう。
また、書類と目の距離も画面からあまり差がない程度にし、距離は40p〜70p程度に、視線がやや下向きになるような角度にします。



診療時間


 
午前 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
手術日 9:00
〜12:00
9:00
〜12:00
9:00
〜15:00
午後 14:00
〜18:00
14:00
〜18:00
外来は
ありません
14:00
〜20:00
14:00
〜18:00
  • 休診日:日、祝祭日
  • 全ての受付は診療終了時間の15分前になっております。
  • 初診の時お使いの目薬、眼鏡がありましたらご持参下さい。
  • 往診のご相談に応じております。 お電話にてお問い合わせ下さい。
  • 眼鏡合わせをご希望の方、当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、診療時間終了の1時間前までの受付となっております

医療法人社団 
新井眼科クリニック

〒007-0806
北海道札幌市東区東苗穂6条2丁目9-15

休診 : 日曜日・祝祭日
水曜日は手術日のため外来診療はありません。
TEL : 011-785-7707
FAX : 011-785-4131